アズの妄想絵日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 私のキライなモンスター

<<   作成日時 : 2011/12/04 18:50   >>

トラックバック 0 / コメント 4

昨日もルコ連戦っ!

画像


まだルコの楽しさはわからないです、はいw

昨日はとりあえずえなちゃんが剛ルコランスの生産分の証を集めた後は上位のルコでレア素材狙い。

上位だと耐性を低くしても回避スキルなんかを付けた方がいいですね〜

剛種を先にやったぶんずいぶん楽に感じます。

相変わらず磁力と岩に翻弄されまくりですが・・・

これ作った人磁力とか岩とか楽しいとでも思ったのかな?

「剛種は岩2個でっ!」

とか考えたヤツ何考えてるんだよっ!

ハンマーでやっていて、ここだっ!って思った攻撃が磁力でスカッ→岩が廻ってきてぶっ飛び・・・

これが一番イラっとするかな〜


ルコの骨格はどー考えてもクシャの色違い。

その色もモンハンのモンスターとは思えない怪獣のようなもの。

派手すぎてモンハンっぽく感じないのは私だけかなぁ・・・

グレンを抜いて私の中で「私のキライなモンスター」のトップにランクインしましたw


上位でのレア素材狙いは・・・

画像


とりあえず曜角が@1で生産できるのかな?

今日中に出れば生産だけではできますね〜

しかし、その後に飛竜種の稀玉や剛翼7など・・・

ルコランスの素材厳しすぎるでしょw

これは大変だ。


中集めの方は週末になってペースダウン。

空いた時間にちょこちょことって感じに。

画像


きりのいいところで200枚集めました。

残り70枚。

全部で必要な195×5の975枚の内の残り70枚です。

本当にもう少しですね〜

残りの70枚も、1枚1枚、1射1射魂を込めて矢を放って集めていきたいですね。

せっかくの秘伝防具作成ですから、少しでも弓の扱いがうまくなれるように、楽しみながら集めていきます。


しかし、貫通矢は難しい・・・

特にクリティカル距離がわからくなってくるんですよねぇ。

矢がヒットしだすと急速に矢の速度が遅くなるらしいのでちょっと近めがいいかな?と思ったり・・・

いあ、ここは貫通矢だからちょっと遠めの方が・・・って思ったり。

どっちも撃つ矢の本数から考えるとあまりかわないような・・・

逆に近い時に怯みが多かったり、遠い方が撃つ本数少なかったり・・・

謎すぎる〜

これ結局どっちでもいいんじゃない?

貫通は全ヒットクリティカル距離で当たらないんで、最初(頭首)がクリティカルになるか後ろ(お腹)がクリティカルになるかの違い?

そう考えると、弱点であるお腹をクリティカル距離にするのが一番よさそうな気はするんだけど・・・

どーも今までの経験からすると、それでも撃つ本数はあまり変わらない印象があるんですよね。

柔らかい部分は多少クリティカル外れても十分ダメージが与えられて、逆に硬い部分にクリティカルでダメージ与えると・・・

それが逆でもトータルでは同じような計算になるとか?


残り70枚集める間にこの謎が解明できるだろうか・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うーむ、貫通はその辺りがイマイチよく分からんですね・・・
とりあえず遠からず近からずの位置で正確に弱点通すしかないんですかねー?
私は弱点がクリ距離にくるようにして撃ってるつもりですが、確かにそれ以外の距離でよく怯んだりする事があるんで、微調整してみたりしてますが正直良く分からんですね。
cheryl
2011/12/04 21:08
貫通は難しいですねぇ。
モンスターのサイズとかにも影響されるのかな?
私も近からず遠からずの場所から普段撃ってるのですが・・・
ちょっと遠めから撃った方がよく怯んだり。
逆に近くの方が怯んだり・・・
本当によくわからないw

まぁクリティカル「距離」というか、結局は矢が発射されてからの時間らしいので・・・
貫通矢がヒットしだすと急速に失速するって仕様からしてクリティカルとなる距離には結構な幅があるのかな?
とりあえず残りの中集めでも色々と試してみますっ!
>cherylさん
2011/12/05 20:41
むむむ
ルコの楽しさがわからないとは(ブツブツ
アビ
2011/12/19 02:17
ルコきちが・・・ルコマスター様がきたー!w
アビックさんのルコ証の数を見た時からルコも楽しくなるんだろうな〜と思っていますけど・・・
まだまだ私には楽しさがわからないようです><
>アビックさん
2011/12/19 18:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
私のキライなモンスター アズの妄想絵日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる